知らないと失敗する外国人ITエンジニア雇用時の3つの注意点

人材不足解消に外国人ITエンジニアの雇用を検討している方へ、今回は外国人ITエンジニア雇用時の3つの注意点について説明させていただきます。

知らないと失敗する外国人ITエンジニア雇用時の3つの注意点

1.外国人ITエンジニアの孤立

外国人ITエンジニアが日本企業で働いた場合、周囲が接し方がわからず、孤立してしまうことが多々あります。職場環境だけでなく、不慣れな生活環境によって不安になっている場合もあり、お互いが遠慮をして距離ができてしまう可能性があります。

2.転職リスク

外国人は向上心が強くスキルアップやキャリアアップのために転職を行うことが一般的です。自分のスキルを磨きよりよい場所へと転職をしてしまう傾向にあります。

3.国民性による教育方法の違い

国柄によっては、教育の為にミスを叱るタイミングや場所を考える必要があります。ベトナムやインドでは、人前で叱られるというのは激しくプライドを傷付けられる行為にあたりますので緊急性の低い内容であれば、ひと目のないところで個別に叱るほうが、指導の効果が高まります。

弊社では、外国人ITエンジニア雇用リスクを低減する「日本語習得済み」かつ「社会人マナー研修済み」のIT人材をご用意しています。

他社とは違う地球人.jpの外国人IT人材とは?


外国人も働きやすい労働環境やルールそして福利厚生を整備する

上記のことから、外国人を雇用する際は、日本企業独自の価値観というものを見直し外国人も働きやすい労働環境やルールそして福利厚生を整備することが大切です。

優秀な外国人が戦力に加わることで、社内の士気が上がったり業務の効率化に繋がることは間違いありません。

また外国人が日本で仕事をする場合は、就労が可能な在留資格を発行する必要があります。

就労ビザを取得するためには、出入国管理及び難民認定法(入管法)で定められた要件を満たしたうえで、申請書類を不備なく揃えて審査を受け、許可を得なければなりません。

弊社では就労ビザ取得等、外国人ITエンジニア採用を強力にサポートするサービスを提供しております。

貴社を強力にサポートする弊社12のサービスとは?

© 2020 地球人.jp株式会社 | Smiles on Peoples Of The Earth